皮脂と闘う40代メンズのボディウォッシュタオルはこれだ!

健康と美容

はじめに

今回は、メンズにオススメのボディウォッシュタオルについてご紹介します。

ボディウォッシュタオルとは、洗顔料やシャンプーと一緒に使って、肌や髪の汚れを落とすためのタオルです。ボディウォッシュタオルは、普通のタオルと違って、繊維が細かくて柔らかいので、肌に優しくてマッサージ効果もあります。また、泡立ちが良くて洗浄力も高いので、洗顔料やシャンプーの使用量を減らすことができます。

しかし、ボディウォッシュタオルには色々な種類があります。素材や形状やサイズや色など、自分に合ったものを選ぶことが大切です。そこで、この記事では、ボディウォッシュタオルの種類や選ぶポイントを解説し、私が実際に使ってみて特にオススメしたいボディウォッシュタオル3選をご紹介します。

40代、50代の男性は、肌や髪の老化や皮脂に悩んでいる方が多いと思います。そんな方にとって、ボディウォッシュタオルは効果的なアイテムです。ぜひ、この記事を参考にして、自分にピッタリのボディウォッシュタオルを見つけてください。

ボディウォッシュタオルの種類

ボディウォッシュタオルは、素材もいくつか種類があり、素材によってメリット・デメリットがあります。代表的な素材とその特徴について見てみましょう!

綿製のボディウォッシュタオル

綿製のボディウォッシュタオルは、肌に優しく、吸水性が高いのが特徴です。綿は天然素材なので、アレルギーの心配も少なく、敏感肌の方にもおすすめです。また、綿製のボディウォッシュタオルは、洗濯機で洗えるので、衛生的にも安心です。ただし、綿製のボディウォッシュタオルは、毛羽立ちやすく、乾きにくいというデメリットもあります。毛羽立ちが気になる場合は、定期的に取り替えることが必要です。また、乾きにくいということは、雑菌が繁殖しやすいということでもあります。そのため、使用後はよく絞って干すことが大切です。

ナイロン製のボディウォッシュタオル

ナイロン製のボディウォッシュタオルは、弾力性があり、泡立ちが良いのが特徴です。ナイロンは合成素材なので、綿製のボディウォッシュタオルよりも耐久性が高く、毛羽立ちにくいです。また、ナイロン製のボディウォッシュタオルは、乾きやすく、雑菌が繁殖しにくいです。ただし、ナイロン製のボディウォッシュタオルは、肌への刺激が強く、敏感肌や乾燥肌の方には向かないというデメリットもあります。また、ナイロン製のボディウォッシュタオルは、洗濯機で洗うと傷みやすいので、手洗いすることが望ましいです。

ボディウォッシュタオルを選ぶポイント

ボディウォッシュタオルは、洗顔料やシャンプーと同じくらい、肌や髪の健康に影響するものです。だからこそ、自分に合ったものを選ぶことが大切です。では、どうやってボディウォッシュタオルを選ぶのでしょうか?ここでは、ボディウォッシュタオルを選ぶときに注意すべきポイントを3つ紹介します。

素材で選ぶ

ボディウォッシュタオルの素材は、肌に直接触れるものなので、とても重要です。肌に優しい素材を選ぶことで、肌荒れやかゆみなどのトラブルを防ぐことができます。一般的には、綿やレーヨンなどの天然素材が肌に優しいとされています。しかし、天然素材は水分を吸収しやすく、乾きにくいという欠点もあります。そのため、雑菌が繁殖しやすくなります。そこで、抗菌加工や速乾性のある素材を選ぶという方法もあります。抗菌加工は、雑菌の繁殖を抑える効果があります。速乾性は、水分をすばやく放出することで、乾きやすくなります。これらの素材は、ナイロンやポリエステルなどの化学繊維が多く使われています。化学繊維は天然素材に比べて肌に刺激を与えやすいという欠点もありますが、最近では肌触りが良くなったものもあります。自分の肌質や好みに合わせて、素材を選びましょう。

適切なサイズを選択

ボディウォッシュタオルのサイズは、使い勝手に影響するものです。サイズが大きすぎると、洗うときに邪魔になったり、乾かす場所に困ったりすることがあります。サイズが小さすぎると、洗う範囲が狭くなったり、泡立ちが悪くなったりすることがあります。一般的には、30cm×90cm程度のサイズが使いやすいとされています。しかし、これはあくまで目安であり、自分の体型や洗う部位に合わせてサイズを選ぶこともできます。例えば、背中や足などの広い部位を洗う場合は、サイズが大きめのものが便利です。目安としては、170cmの身長の方ですと、30cm×100cm程度のサイズがあれば十分といえます。

ズレない生地を見極める

肌感触は素材によって変わってきますが、それ以外にも洗っているときのタオル生地の摩擦度合いも感触に大きく影響します。体を擦っている間、タオルが滑ったり、ズレたりすると、擦っている感触を得られにくくなり、洗いづらくなります。タオルの表裏の生地をよく確認し、すべらない、ズレないタオルを選ぶことも重要です。基本的に、裏生地がツルツルしている生地のタオルは、擦っている間ズレやすくなるので、裏表が同じような生地のものを選ぶとよいです。

オススメのボディウォッシュタオル3選とその特徴について

キクロン アワスター

キクロンアワスターは、独自の技術で繊維を細く加工した、ナイロン製の超極細繊維のタオルです。そのため、普通のタオルよりも泡立ちが抜群で、肌に触れる面積が多くなります。これにより、肌への刺激が少なくなり、やさしく洗えます。また、超極細繊維は、汚れや皮脂をしっかり吸着して落とす効果もあります。キクロンアワスターは、肌に優しくて、清潔になるという、ボディウォッシュタオルの理想を実現した製品です。

肌の感触も柔らかすぎず、痛すぎず爽快感のある感触を得ることができます。

大きさも28cm×100cmで背中を洗うのには十分なサイズで、機能としても擦っている間全くズレることがないので、とても洗いやすいです。

また、耐久性も高くて、長く使え、洗濯機で洗っても、ほつれや色落ちがしにくく、コスパも抜群です。

男のやわ肌 ボディタオル

アイセン工業 男のやわ肌 ボディタオルは、メンズ用のボディウォッシュタオルです。このタオルの特徴は以下のとおりです。

体が大きな方も背中が楽に洗える120cmロングタイプです。素材もナイロン50% ポリエステル50%と洗い心地を残しつつも、少しソフトな感触で泡立ちもかなりいいので、肌へのやさしさを重視したい方には最適な一品といえます。逆にゴシゴシ感が欲しい方には少し物足りないかもしれません。

また、機能としてもアワスターと同様に擦っている間もズレにくいので、比較的洗いやすいです。

オーエ ボディタオル 超かため ブラック

オーエ ボディタオル 超 かため ブラック 約幅28×長さ120cm あわゆきは、極細繊維の66ナイロンを使用したボディタオルです。Amazonでもメンズボディウォッシュタオルでベストセラーにも選ばれたこのタオルは、キメ細やかな泡立ちと適度な刺激で、さっぱりした洗い心地を提供します。また、ロングサイズなので、背中などの洗いにくい部分もラクに洗えます。日本製で品質も高く、ブラックのシックなカラーが男性にも人気です。硬さも色も種類が豊富なので、自分に合ったタオルを選択できるのもこの商品のメリットの一つです。

まとめ

以上、メンズにオススメのボディウォッシュタオル3選とその特徴についてご紹介しました。ボディウォッシュタオルは、肌の汚れや角質を落とすだけでなく、マッサージ効果や血行促進効果もあります。また、肌のタイプや好みに合わせて、シルクやポリ乳酸などの素材や、柔らかさや大きさなどの特徴を選ぶことができます。ボディウォッシュタオルを使って、毎日のバスタイムを快適にしましょう。

コメント